西暦 事象
1970年
11月
相栄ミート(株)設立(資本金500万円:プリマハム(株)全額出資)
所在地:東京都品川区南大井3-17-4
創業者 竹岸 政則[プリマハム(株)社長]
プリマハム(株)受託中の相鉄ストアとスーパートップ10店舗の精肉部門を分離独立させ、従業員100名で創業する
1971年
社員持株制度発足(株主75名誕生)
1972年
上坂 信夫 社長に就任[プリマハム(株)専務取締役より]
資本金1,000万円に増資
1976年
高速自動包装機の導入
1977年
輸入牛肉の取り扱いを7店舗で開始
1978年
8月
本社社屋竣工、移転
所在地:神奈川県大和市上草柳337-1
コンピューターシステムを導入
1979年
二俣川店に高級・多様化に対応した総菜コーナーを新設
1980年
本江 豊 社長に就任[プリマハム(株)常務取締役より]
上坂 信夫 会長に就任
創立10周年
資本金2,000万円に増資し、相鉄興業(株)[現:相鉄ローゼン(株)]が資本参加
1981年
安全委員会の設置
衛生企画室の新設
国内研修制度発足
1982年
営業組織を4ブロック制にする
T.Q.C.(全社的品質管理)を導入
1983年
ロイヤルポークの販売を開始
1985年
財形貯蓄制度に年金制度を追加
適格退職年金制度を発足
1986年
新いやさか寮(二ツ橋)を開設
三ツ境店に本格的な対面総菜コーナー、手作りハムコーナー「ローゼンルーべ」を開設
米飯の販売を開始
1987年
会社組織改正
営業第1部、営業第2部、営業第3部、業務部、総務部の5部制にし業務の強化を図る
店舗改正に合わせて総菜コーナーの拡充が本格化
1988年
商号を相栄フーズ(株)に変更
売上高100億円達成
1989年
消費者ニーズに対応してハーフメイド商品を開発販売する
1990年
新名 俊靖 社長に就任[プリマハム(株)専務取締役より]
本江 豊 会長に就任
資本金を7,600万円に増資し、相鉄ローゼン(株)に割当
定年延長(60才)による就業規則の改正
会社組織4部制に変更、本社社屋を増設
相鉄ローゼン(株)直営店4店舗受管
創立20周年、シンボルマークの制定
1991年
相鉄ローゼン(株)直営店10店舗受管
1993年
7月
1日付で6店舗を東栄フーズ(株)に移管し、相鉄ローゼン(株)の専業コンセンショナルチェーンとしての体制づくり進む
1994年
オージーグッドビーフ販売開始
1995年
12月
炊飯加工センター竣工
1996年
3月
炊飯加工センター操業開始(おにぎり・いなり・巻寿司・シャリ玉)
精肉部門一括物流開始
1997年
精肉部門の受発注をOCR化
電算システム再構築
相鉄ローゼン(株)創業35周年
1998年
営業部を新設し、6ブロック制にする
銘柄肉の導入
1999年
営業組織を3ブロック制に変更
EOSシステム導入
2000年
新名 俊靖 代表取締役会長に就任
中村 威雄 代表取締役社長に就任
創立30周年
相鉄ローゼン新店5店開設(鎌倉深沢、モザイク港北、湘南山手、磯子、オルト新子安)
さがみ野ライフ店開設
2001年
2月
3月
営業本部に鮮魚部を新設
鮮魚事業に進出
2003年
相鉄ローゼン(株)の出資比率が51.06%となる
渡邊 孝 代表取締役社長に就任
相鉄ローゼン新店1店開設(かしわ台)
2004年
執行役員制導入
相鉄ローゼン新店2店開設(ひなた山、横山台)
2005年
相鉄ローゼン新店2店開設(十日市場、上星川)
2007年
相鉄ローゼン新店1店開設(鶴ヶ峰)
2008年
10月
相鉄ローゼン鮮魚部門10店舗受管
2009年
4月
5月
5月
6月
営業本部を改廃し、営業統括本部を新設する
新店舗端末導入、Web-EDIシステム導入、新基幹システム導入
相鉄ローゼン新店開設(薬師台)
比嘉 松生 代表取締役社長に就任
2010年
創立40周年
2011年
9月〜
翌1月
相鉄ローゼン鮮魚部門6店舗受管
2012年
11月
12月
相鉄ローゼン新店開設(さちが丘)
相鉄ローゼン(株)の出資比率が90.0%となる
2013年
4月
6月
8月
相鉄ローゼン新店開設(柿生)
杉山 修之 代表取締役社長に就任
本社所在地を横浜市西区相鉄本社ビル内へと移転
2014年
2月
6月
惣菜発注システムを相鉄ローゼンと統合
相鉄ローゼン新店開設(いずみ野駅前)
2015年
3月
9月
10月
11月
相鉄ローゼン新店開設(センター南駅前)
相鉄ローゼン新店開設(南万騎が原)※南万騎が原駅前再開発にともなうリニューアルオープン
精肉発注システムを相鉄ローゼンと統合
相鉄ローゼン新店開設(平塚梅屋)
2016年
6月
10月
相鉄ローゼン新店開設(伊勢原駅前)
鮮魚発注システムを相鉄ローゼンと統合
これにより、精肉・惣菜・鮮魚の基幹三部門の発注システムについて、相鉄ローゼンとの一体化が完了となる